メニュー

腰・背中の痛み、しびれ

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください

症状

腰・背中の症状(痛み・しびれ・違和感)

  • 腰痛など慢性的な痛み
  • ぎっくり腰など急激な痛み
  • 筋肉の張り
  • 下肢や足のしびれ
  • 筋力低下
  • お尻や太ももが痛む
  • 尿漏れするなど

病気

腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、側弯症などの腰椎や胸椎の病気

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰の治療 ぎっくり腰とは、急性腰痛症の通称で、突然腰の痛みをともない、動くことが困難になる疾患です。

 ぎっくり腰と一言で言っても、治療方法は様々で、先ずは医師による診断が必要です。場合によっては椎間板ヘルニアなどの疾患である場合がございます。

 問診や診察、レントゲンなどの検査を行い、投薬や適切なリハビリテーション、コルセットなど装具の検討、再発予防に向けた運動療法など、お一人お一人の状態に合わせた治療を検討してまいります。

 再発予防には普段からの姿勢や動作が大切だと考えています。まずは痛みの治療を行い、症状が安定したら再発予防に取り組んでいきましょう。

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療ヘルニアとは、体内の臓器などが、「本来あるべき部分から脱出した状態」を言います。

椎間板ヘルニア

 椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板という部分が神経の方向へ出てしまうことで、神経を圧迫します。腰椎椎間板ヘルニアでは腰や臀部、足にかけて痛みやしびれをともないます。頚椎椎間板ヘルニアでは、首や肩、手にかけて症状が起こります。

 治療法としては、保存療法と呼ばれる投薬(様々なお薬がありますので個人の状態に合わせて検討いたします)や、神経ブロックなどの注射、けん引、温熱療法などのリハビリにより痛みを取り除く療法が一般的です。

 まずは痛みに対する治療を行い、状態が安定したら再発を予防するために適切な運動療法を行います。普段からの姿勢や動作により、椎間板に負担が増えていないか、股関節や足の筋肉の硬さ、背骨の柔軟性を確認し再発予防に取り組みます。

 上記の治療で症状が良くならない場合は、外科的な手術が必要になることがあります。そのような場合はタイミングを逃さずに適切な医療機関を紹介させて頂きますので、まずは当院にご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症

 背骨や周りの組織が加齢とともに変形し、「脊柱管」と呼ばれる神経の通り道が狭くなることで、神経が圧迫される病気です。
 症状は、腰の痛み殿部の痛み下肢のしびれなどがあります。特徴的な症状は、歩行で下肢の痛みや重だるさが現れ、それ以上歩くのがつらくなりますが、前屈みの姿勢をとったり休憩することで症状が和らぎ、また歩けるようになるという「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」があります。症状が進行すると、筋力の低下、感覚障害、排尿や排便の障害が出現することがあります。
 診断は、身体診察とレントゲン、必要に応じてMRI検査などで行います。
 治療は、内服薬ブロック注射、温熱療法や牽引療法などの物理療法、姿勢の修正や日常生活動作の改善、筋力回復などのリハビリテーションコルセット作成などを行います。
 症状の程度に応じてお一人お一人に合わせて治療法を考えていきます。上記のような治療で症状が改善されない場合や下肢の筋力低下、排尿、排便障害がある場合は手術を要することがあります。

腰椎圧迫骨折

 転倒や転落で、腰の背骨(腰椎)がつぶれてしまう骨折です。
 骨粗鬆症のため、高齢の方が軽い転倒や日常生活の動作で気づかないうちに生じることもあり、「いつのまにか骨折」と呼ばれることがあります。また、悪性腫瘍の腰椎への転移や、感染症などにより、明らかなケガがなくても圧迫骨折が起きることがあります。
 症状は腰の痛み殿部の痛みです。つぶれた腰椎が神経を圧迫すると下肢の痺れや筋力低下を起こすこともあります。

 診断は、身体診察とレントゲン検査で行います。必要に応じてMRIやCTを行うことがあります。治療は、コルセットによる腰椎の安静、内服薬,外用薬、歩行訓練や筋力回復などのリハビリテーションを行います。圧迫骨折を繰り返さないためには、骨粗鬆症の検査、治療に取り組むことも重要です。神経症状がある場合や、程度が強い場合は、手術を要することがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME